ホーム > プラズマテレビ > プラズマテレビの特徴(液晶テレビとの比較)

プラズマテレビの特徴(液晶テレビとの比較) 価格比較-激安&最安値

プラズマテレビの特徴

プラズマテレビと液晶テレビのしくみ

プラズマテレビは細かい蛍光灯をびっしり敷き詰めたような構造で、それらの蛍光灯自身が発光して映像を作り出しています。そのため表面はガラスになっており、どうしても移り込みが発生してしまいます。
液晶テレビは液晶パネルをバックライトで照らし、その光がパネルを通過することにより映像が表示される仕組みです。すなわち表面のパネル自体が発光しているわけではありません。
パネル自体が発光するかどうかがプラズマテレビと液晶テレビの大きな違いです

プラズマテレビテレビの長所

①スポーツなど動きに強い
②黒の再現力が高井
③液晶テレビよりも視野角が広い
④3Dとの相性がいい

プラズマテレビの短所

①同サイズで比べると重い
②消費電力が大きい
③寿命が短い
④映り込みが多い
⑤ラインナップが少ない

以上のことから

黒の再現力、早い動きに強いという長所を生かせるので、暗い映像が多い映画やスポーツが趣味だと言う方はプラズマテレビがおすすめです。またプラズマテレビは3Dと相性がいいと言われており、3Dテレビの購入を検討されている方にはプラズマテレビがおすすめです。
逆にそれ以外の人は液晶テレビかプラズマテレビを迷っているなら、通常は液晶テレビがおすすめです。特に長所の②、③からわかるように省エネは長い目で見るとかなりの魅力です。短所の早い動きに弱い点も、よっぽどのスポーツ好きでない限りそれほど問題にならないと思います。

ホーム > プラズマテレビ > プラズマテレビの特徴(液晶テレビとの比較)

検索
フィード

 ◆ 使用 WEBサービス ◆

Web Services by Yahoo! JAPAN   楽天ウェブサービスセンター   Amazon Web Service

ページの上部に戻る